目指す事業がわからなければblogを書こう

blogと言えども馬鹿にできない第一歩

随分と前のことですが、ある有名人が起業したいけど何をしたらいいかわからないという人に対して「blogを毎日書くとかでいいから何か行動しなさい」のようなことを言っていたけれど、それって本当だと思います。僕もいつの間にかスタートアップをこなせた社長として見られることが滅多にないけど時々あるので、何かアドバイスを求められた際には副業でもblogでもInstagramでもYouTubeでもいいからなにかやってみたら?と答えることが多いです。いきなり独立起業はやれるなら良いと思うけどそれが出来る人はこんなこと聞いてこないので、そうでない人にはまぁとにかくなにかやってみればまたそこから何か見つかるんじゃない?という話ですが、それだけだとただ冷たくあしらった感じに見えてしまうもので付け足します。いくら理論や考えをどれだけ深く練っていても行動してから見えたもの、そこから感じ取ったもの、考えたことには到底及ばないから、何でもいいから何か自分で行動を起こすということが必要なのです。

ワッカデザインのこのblogはフリーランス時代に本当はアフィリエイトがやりたくて始めたものでした。僕は結構楽天的なので独立した際は売上のメドがきちんと立っていたわけではなくて、ただサラリーマン時代もデザインで副業はやっていたので何とかなりそうかな?と思ったのですが、いざ蓋を開けてみると実際は全然違っていました。当初見込んでいた売上(つまり既存の副業していた発注元の売上)は全然立たず、逆に勤めていた会社を辞める時に紹介してもらった会社をいくつか営業回りしたら、そこから少しずつ増えていったという成り立ちなので、最初の半年はとにかく収入が不安でblogのアフィリエイトで月2万円でも稼げれば本当に助かるなと思ったものです。だからこのblogの一番最初の方まで遡るとそれっぽい「お役立ち情報」みたいのがあって、実は今でもこれらの記事はアクセス数は多い方だったりします。

実際やってみると「やってみた世界」が見える

結局アフィリエイトはやらなかったのですが、このblogは大して書いてないわりにお客さんとか取引先とか色々な人が読んでくれていたり、今やメインバンクとなった信用金庫が最初に電話をかけてきたのもそうだし、新卒が求人もかけていないのに勝手に応募してきたり、今Web制作で最も頼れる人の最初のアクセスもそうだったりします。どれも全然狙ってないけれどblogを書いてきたから起きたことで、blogを書かなかったら起きなかったことです。Instagramもそうです、こっちは完全にプライベートですが、毎日のツラい仕事の慰みに写メを画像加工した作品を継続アップしていたら、僕の技術やセンスの向上と共にいつしか絵とか写真とかが好きな人のフォロワーが500を越え、昨年はフランスの展示会に出展しました。そして出展したからこそ来る話もあったり、僕自身も作品をもっとこうしたいとかビジョンが出てきたりします(ちなみにその展示会についてはこちらにまとめました)。

こういうのはつまり、やってみないと絶対に見えてこないし出てこないことだからとにかく最初の一歩行動することが大事で、それを継続し、反応を見ながらより良くしていくと、いつか何かに当たり、何かに当たるとそれを元にまた違った何かを考えて行動出来るようになる、そういう流れの上でこなしていくのが普通になります。起業だったらどこかでお金にしないといけませんが、それはblogだったら単純に広告収入かもしれないし、blogを書き続けたことで見えてくる何かかもしれません。ここではblogを例にしていますが、別にblogじゃなくても続けられそうなことなら何でもいいと思います。週末知らない人に必ず会いに行くとかでもいいのかもしれないですし、もう少し自分のビジョンがあればそれに関するメディアサイトを作って運営してみるとか、サラリーマンだったとしても踏み出せる一歩って実はいっぱいあるんじゃないかな、と思います。

このblogで振り返ってもらえればわかりますが、僕の個人事業主時代も経営者になってからもやってみてぶつかったことばかり。思えば年金事務所でキレたり、最初のマッチングサービスで失敗したり、わざわざ列挙しませんがまぁ色々です。今も知らないことや思いがけないことにぶつかっては何とかする日々というのが飾らない正直なところなんですが、とはいえまぁ案外悪くないんですよね。多分世の中の物事の大半はそういう風にできてるんじゃないんでしょうかね、パッと見ではとても綿密にしっかりできているようなものだったとしても。

関連記事

PAGE TOP