, ,

不動産デベロッパー トータルデザイン

2021年7月
トータルデザイン

秋田県の新築マンションのプロモーションツール一式を担当しました。コンセプトワードの策定とコンセプトロゴが表現のメインとなりますが、物件の適性やターゲット層などからコンセプトワード開発から行い、ワード毎にロゴデザイン化。最終的に物件の姿・眺望と立地の良さを表現したこのデザインに決定しました。

案件概要

CD T.Wakamatsu
D T.Wakamatsu
CW T.Wakamatsu
PH 株式会社イグデス
DF 株式会社ワッカデザイン

不動産デベロッパー案件では、物件の広告的なコンセプトワードやロゴを定めるところから始まることが多く、不動産と言っても様々なので、きちんとターゲット層に響くよう作り込むことが大切です。

パンフレットと図面集。今回は図面集をポケットファイルに入れ込む形で接客時に説明しやすいスタイルです。

パンフレットの中面。空撮やドローン撮影画像を元にしたCGはデザイナーがレタッチを駆使して作っています(イメージパースは専門業者に依頼します)。

ワッカデザインではモデルルームの撮影も請け負っています。モデルルーム自体はインテリアコーディネートされていることが多いですが、撮影も不動産独特の慣れが必要です。

モデルルームの撮影時は昼間の風景、夜のイメージなどトーンを変えて撮影することもあります。

おざなりになりがちな設備仕様も購入者目線だと大切な要素。イメージカットと製品カットを使い分けて構成していきます。また、今回は環境撮影も請け負いました。

パンフレット類を入れる角2封筒。デベロッパー案件では高級感やイメージの演出で紙に凝ることも多く、トータルデザインには様々な知識と経験が要求されます。

ポスティングチラシはB3サイズで制作。何度かポスティングすることも多いので、タイミングに応じてメインビジュアルや訴求の仕方は複数用意します。

ポスティングチラシの裏面。間取りや設備仕様がメインになることが多いですが、使い方提案や読み物的なものなど、ユーザー目線のコンテンツ作りも大切です。

Instagram

Twitter

Facebook

お問合わせ

PAGE TOP
お気軽にお問合わせください:03-6914-3183