SEO対策はコツコツと。

こんにちは!エミリーです! 今回も引き続き、SEO対策についてまとめようと思います。

前回がSEO対策を行うとなぜいいのか?についてだったので、今回はその為の効果的な方法について書いていきたいと思います。

SEO対策

■h1タグを設置する
hタグは重要度に分けて計6種類あるのですが、中でもh1タグが最上級の見出しタグです。 Googleがh1タグの内容をこのwebサイトにとって重要だと判断するため、「これが要点をまとめた見出しだよ!」とGoogleに伝えているような感じです。 また、サイトを訪問したユーザーにも分かりやすいようにhタグでくくったテキストは、大見出しから小見出しまで、それぞれのフォントサイズで表示されます。なので、フォントサイズが丁度いいh3のタグでくくろうなどといったデザイン的な理由で重要度を変更することは避けましょう。。。
■パンくずリストの見直し
パンくずリストとはサイトのメニューの下に表示される階層を表す部分です。この部分をGoogleのロボットが読む為、上階層になっているのがSEO的には効果的だと言えます。 ちなみに「パンくず」と呼ばれる由来に付いて調べると、童話『ヘンゼルとグレーテル』で、主人公が森で迷子にならないように通り道にパンくずを置いていった、というエピソードに由来します。
■親ページの下のコンテンツを増やす
うちのサイトで例えていくと、サイトのトップページ(親ページ)のブログ(子ページ)を増やしていくことで、ブログからサイトが検索に引っかかりやすくなる効果を見込むことができます。コンテンツ毎にテーマが変わればキーワードも違うので、たまたま検索した結果にうちのブログ記事が表示されると、それを見たユーザーが実際にサイトに訪問する確率も高くなります。SEOを意識してブログにキーワードを意図的にテーマや本文に盛り込むのも1つの手ですが、あくまでも

サイト内リンクも下層ページが強くなればなるほど、親ページにパワーが集まり、結果として検索に引っかかりやすくなります。

検索順位をあげるためには?

今回は具体的な方法についてまとめてきましたが、技術的に難しいことはないですよね。 ただ「サイトを訪問するターゲット層を見極めて、ターゲットが検索する狙いやすいキーワードを想定して、そのキーワードで検索をかけたときに上位に表示されるようにする。」ところまで持っていくためには、対策を始めて半年は要するのだとか。地道に対策を行うことに加えて、長い目でサイトを育てていく意識も必要です。。。

SEOはこれをやれば効果がすぐに出るような裏技もなく、とてもシンプルです。「SEOを意識しコンテンツを地道にコツコツと増やしていくこと」まずはどんなキーワードを狙えば効果的であるのか、キーワードを絞るためにユーザーが検索する時に関連するであろうと想定できるキーワードをテーマにコンテンツを増やしていくことです。増やすコンテンツは何でも構いませんが、ワードプレスの場合は元々ブログのシステムなので、固定ページよりもブログを書いて増やしていく方が簡単だといえます。

あとはコンスタントに続けていくことが大事ですが、これがなかなか難しい。。。笑

関連記事

PAGE TOP