会社を作ること自体は大したことじゃない

 
もちろん全部自分でやったらとても大変なことではありますが、そういうところで苦労する趣味はないので、「法人設立」と検索して引っかかったところにお願いしました(webのデザインは当たり前のようにやっておきながらweb制作会社ではないため、普段から検索順位を軽視するところがありますが、やっぱり馬鹿にはできないですね。そこが実際にどういうところかは別として、上位に表示されたところに対する無意識的な信頼感を我が身をもって実感することとなってます)。問い合わせてその日にアポを取って打ち合わせ、そこから2、3回の打ち合わせで勝手に法人が出来てしまったという流れです。会社の印鑑もしっかり3種類出来て、登記簿謄本を初めとして様々な書類があるものの、捺印まで面倒くさがってお願いして押してもらい、12月5日に設立。僕の誕生日が11月5日なので個人的には覚えやすいですが、日付の意味は全くなかったりします。それでもいざ設立してみると設立日に対しては妙な愛着はありますね。これから毎年12月5日はワッカ記念日です(笑)
 
これまでと大きく違うのは「代表取締役」となったことでしょうか。個人事業主だと売上から経費や従業員の賃金を差し引いた後のお金は全部自分のものという感覚だったのが、役員報酬はそうはいかないことを知って、平然な顔をしつつも内心げんなりしたものです。ただ、それ以外の面では従業員や取引先との契約を結び直したり、銀行口座を新設したり、といった手間くらいのもので、気持ち的にも実務的にも昨年までと大差ないように思います。あ、経理と労務を外注にしているというのはありますね。経理はもう絶対自分では無理なので外注は当たり前としても、労務は予定外の出費ではあります。昨年個人事業主のくせに従業員を雇い入れた際の関係各所に対するいら立ちを思えば良い気もしますが、事務所家賃とかも含めて固定費自体は昨年の倍以上になっているので、その辺は会社らしく売上を増やしていかないと苦しいです。法人化したら取引条件の変わる取引先もあって、現時点で言えば資金繰りは結構な不安要素。資本金だけでは難しいので、しばらくは自分の個人資金を会社に貸し付けたりせざるを得ないでしょうね。あとは税金。来年以降かと思いますが、節税効果が出るのが今から楽しみです(これはもう本音で本気です)。
 

2週間やってみた感じでは順調

 
業務開始はゆっくりめの1月10日でしたが、そこから早2週間。従業員が3人もいることの贅沢さを感じながらも思うのは、疲れ方が全然違う!ということ。自分での作業量は早速半分くらいになっていると思いますが、それよりも案件の説明をすること、様子を見ながらアドバイスを入れていくこと、従業員が出してきた仕事をお客さんに出せるように修正の説明をすることの繰り返しで、本当に話し疲れます。独立してからのこの2年間は自分らしくもなく(?)黙って仕事をするのが当たり前になってしまったので、表情筋がだれるというのもあれば、脳の疲れ方もまた違った感じで出てきます。かといって1から10まで自分の思い通りにしてもらうのは、気持ちの面からも技術習得の面からも良くないので、その辺りの葛藤もなくはないですね。デザインは見た目の問題ですが、きちんと訴求する見た目にするには物事の本質を考えることを外すことはできないし、表面的な構成をどうするかを考えるのも外せない。つまりはそういう部分がデザイナー自身に当たり前にないとかなり厳しい。そのためには本当に「手足」になってもらっても困るというわけです。生意気で図太いくらいの方がディレクションしていてもとてもありがたいですね。
 
ただ、この2週間の業務という意味では順調と言って良いように思います。業務が溢れるということもなく進めているというのは、それだけでも走り出しとしては上々。直近の課題としては勤務時間をもう少し減らしたいというくらいのもので、概ね流れるように進んでいます。半年後、1年後とワッカデザインが進んでいくにつれてどれだけ会社として高いクリエイティビティを発揮できるように持っていけるか、それが一番の僕の課題であって、同時に本当に楽しみです。願わくば、最強のクリエイター集団に一歩でも近づいていますように。